ENGLISH

次世代研究インキュベータ

未来型公正社会研究

より公正な世界に向けた政策の立案を支える

――現代のグローバル社会の中で生きる人々の課題を把握し多様性を尊重する新たな原則を探る。

研究キーワード:グローバル福祉社会、学際的社会科学、公正

グローバル化が進むにつれ、異なる国籍や文化、背景をもつ多様な人々が公正で平等に扱われるように保証することが求められている。公正なグローバル社会を創り出すために、世界の全ての国々において、十分な情報に基づく政府政策や、地方・地域・国の各レベルでの強力な支援ネットワークによる強固な基盤を作ることが急務となっている。

正義と社会的変化に関する既存研究の多くは、西洋社会を対象とする研究であった。一方で、アジア諸国におけるここ数十年の急速な変化によって、アジアでの公正な社会構築を主題とした研究分野が生まれ、発展を続けている。

本研究プロジェクトは、学内の法学・政治学・経済学・社会科学分野の研究者らが集まって立ち上げられた。公正社会に向けた学際的な研究拠点を創出し、今後の国・地域・国際社会の政策立案に情報提供することを目指している。

プロジェクトを率いる社会科学研究院教授の水島治郎は、主要コンセプトは「公正」だという。「公正は、正義を構成する基本的要素と定義されます。私たちは多くの場合、公正性は正義に勝ると考えています。公正性とともに、平等や自由といった価値も重視しています」 。

ヨーロッパの福祉国家改革を主たる研究テーマとする水島は、同プロジェクトの最終目的は、従来的な平等の議論を超えて、グローバル社会の中で生きる人々の多様性を尊重する新たな原則を打ち立てることにあるとしている。

どうすれば公正な社会が実現できるのか?

同プロジェクトは、4つの研究班と、研究成果を広く発信するための6つの部会で構成される。これらの研究班と部会は、ジェンダーの不平等・所得格差の拡大・移民問題・地域共同体や限界集落の崩壊など、日本や世界で問題になっている様々な規模の不公正な慣行に対峙し、克服していくことを重視している。

また、既存の福祉国家モデルの発展・変遷・限界に関する研究では、21世紀において公正な社会を実現するための経験的エビデンスを提供することを狙いとする。水島は、これまで長い年月をかけて、オランダにおける福祉国家的側面についての研究に従事しており、グローバル経済の変動や高齢化などの社会的課題への対応などについて知見を深めてきた。

「公正性は、古代から法哲学や政治哲学の根本的なテーマです。部会の一つでは、平等や公正を歴史的視点から検討し、各時代における政治、経済、法律の理念の比較を行っています。また、別の研究班は、21世紀における公正性の意味を分析し、プログラムの基盤となる原則的指針を提起しようとしています」

水島らのチームでは、世界の研究者たちとのネットワーク形成を強めることを計画し、これまでに5回の国際シンポジウムを主催している。「プログラムのメンバーの多くは、地方や国の政策決定のための委員会に関与しており、私たちの研究成果を政策立案者に伝える重要な役割を果たしています」(水島)。

同プロジェクトでは、法律・政治から社会学・経済学に至るまで、分野を問わず、社会科学に関心を持つ人を歓迎している。学生も研究者も、同じ専門分野の研究者や他のメンバーから研修を受けることで、研究の興味の幅を広げる機会が用意されている。

CHIBA RESEARCH 2019より)

Members

推進責任者
研究者名 役職名 専門分野
水島 治郎 教授(社会科学研究院)
研究の統括
ヨーロッパ政治史
比較政治
中核推進者(学内研究グループ構成員)
研究者名 役職名 専門分野
小林 正弥 教授(人文社会科学研究科) 政治哲学
公共哲学
大石 亜希子 教授(社会科学研究院) 労働経済学
社会保障論
石戸 光 教授(社会科学研究院) 国際経済論
荻山 正浩 教授(人文社会科学研究科) 日本経済史
皆川 宏之 教授(社会科学研究院) 労働法
五十嵐 誠一 准教授(社会科学研究院) 国際関係論
アジア政治
藤澤 巌 教授(社会科学研究院) 国際法
佐藤 健太郎 准教授(社会科学研究院) 日本政治史
川瀬 貴之 准教授(社会科学研究院) 法哲学
米村 千代 教授(人文科学研究院) 家族社会学
歴史社会学
小川 玲子 准教授(社会科学研究院) 社会学
移民政策
李  想 准教授(社会科学研究院) 国際政策論
国際環境経済学

研究内容

受賞歴

水島 治郎 (2017)「第38回 石橋湛山賞」