ENGLISH

次世代研究インキュベータ

真菌医学研究センター

微生物と共存して 健康を維持する

――宿主の免疫システムと共生微生物との相互作用を解析し、 感染症と自己免疫疾患への新たな治療法につなげる

研究キーワード:感染免疫、共生微生物、超個体

私たちの人体は、30兆個という驚異的な数の細胞で作られている。しかし、人体の内外では、それを遥かに超える数百兆個という微生物が私たちと共存している。これらの細菌や菌類は、人の健康にとって不可欠なもので、こうした微生物のバランスにゆがみが生じると、幅広い疾患の引き金となり得る。

しかし、これらの微生物集団が人の健康や病気に果たしている役割が重要であると研究者が正しく理解し始めたのはごく最近のことである。これらの微生物の生態系を操作することで、人の命を救う次世代治療薬の基礎ができるかもしれないと、科学者たちは期待を高めている。こうした中、真菌医学研究センターの副センター長で教授の米山光俊は、本研究プロジェクトを立ち上げ、皮膚・肺・腸・骨髄などにおける共生微生物と宿主であるヒトの免疫システムとの複雑な相互作用を統合して理解する研究グループを組織した。

宿主の免疫システムと共生微生物との相互作用に調節異常が起きると、日和見感染症やアレルギー、自己免疫疾患など、多種多様な疾患が生じる可能性があります」と、米山は話す。「宿主と共生微生物を合わせて、1つの超個体(superorganism)として捉え、その中でどのようなコミュニケーションを図っているのかを理解することが非常に重要になります」 。

「超個体」という言葉は、米山が作った研究 組織を的確に示している。なぜなら、個々の科学者が各自で研究を進めるよりも、千葉大学と 世界中の研究者の知を結集させることにより、はるかに大きな成果が得られると考えられるからだ。千葉大学内の研究チームは、真菌医学研究センターと医学部と薬学部の研究者で構成され、また外部の連携研究者は、米国・ドイツ・国内の他の機関を拠点に研究している。また、真菌医学研究センターでは、世界の関連研究者を招聘して、年に1回「感染症研究グローバルネットワークフォーラム」を開催し、研究者のネットワーク形成を進めている。

宿主と微生物の相互作用に関する研究

米山が組織したチームは、4つのグループで構 成される。各グループは、それぞれ異なる宿主と微生物系における分子的相互作用の研究を進めている。第1グループの西城と松岡らのグループは、マウスおよびヒトの皮膚における真菌および細菌感染に焦点を絞っている。廣瀬と玉地と岩田が実施する第2グループでは、呼吸器における常在微生物と免疫制御の研究を行っている。後藤、芦田、八尋らの第3グループは、消化器における常在微生物と病原微生物に焦点をあて、腸管の日和見感染症がどのようにして生じ るのかを解析している。髙屋が主導する第4グループは、病原微生物の侵入に対する免疫記憶の制御メカニズムについて研究を進めている。

「私たちのプロジェクトの成果は、感染症に対する新治療薬の開発に役立つものであり、最終的には人間の健康の向上につながると考えて います」と米山。米山自身は、尾野本と共に抗 ウイルス自然免疫について研究を行っている。

これらの研究プロジェクトを促進するため、各グループの研究者たちは、文部科学大臣が認定する共同利用・共同研究拠点「真菌感染症研究拠点」のネットワークも活用している。本拠点には、微生物等を扱う実験を含め、最先端の科学実験を実施できる専門研究者や技術職員が 常駐する。さらに、真菌医学研究センターの高橋弘喜が率いるバイオインフォマティクス研究グループが、コンピュータ解析に関する支援を提供している。

CHIBA RESEARCH 2020より)
       
 

Members

推進責任者
研究者名 役職名 専門分野
米山 光俊 教授(真菌医学研究センター)
研究推進計画マネジメント
ウィルス学、免疫学
中核推進者(学内研究グループ構成員)
                     
研究者名 役職名 専門分野
西城 忍 准教授(真菌医学研究センター) 真菌免疫学
廣瀬 晃一 特任教授(医学研究院) アレルギー臨床免疫学
玉地 智宏 特任講師(医学研究院) アレルギー、臨床免疫学
髙屋 明子 准教授(薬学研究院) 細菌感染学
後藤 義幸 准教授(真菌医学研究センター) 粘膜免疫学、細菌学
芦田 浩 客員准教授(真菌医学研究センター) 細菌学
八尋 錦之助 准教授(医学研究院) 細菌学
岩田 有史 助教(医学研究院) アレルギー臨床免疫学
尾野本 浩司 助教(真菌医学研究センター) ウイルス免疫学

受賞歴

後藤 義幸 (2017)「平成29年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞」
後藤 義幸 (2016)「平成27年度 日本ビフィズス菌センター研究奨励賞」

プレスリリース

ナノサイズの共進化:反復DNA配列と転写酵素 -熱揺らぎを利⽤する酵素機構の解明に貢献-